めんどくさい読書感想文

夏休みの宿題と言えば読書感想文があります。自分が子供のころはそれが一番やっかいでめんどくさいものでした。やりたくなくて先延ばしにして、結局最終日に慌てて本を読むというパターン。

 

本の最後の方の解説を読んであらすじを知ったり、少々ズルもしてなんとか仕上げたものです。

 

ところが今は、読書感想文が必須ではありません。小学4年生の息子の場合、本を3冊読んでA4のプリントにその3冊分の感想を書くだけです。自分はあんなに苦労して書いていたというのに、なんて楽な宿題なんだ!と思ってしまいました。

 

息子は普段から全く本を読まないので、3冊読むということが大変かもしれません。1冊でいいからしっかり読んで自分の頭で考えて感想文を書くほうがいいような気がします。

 

そういえば授業でも宿題でも、自分の小学校時代のような作文用紙を使っているのを見たことがありません。作文の宿題は作文帳というノートです。

 

そのせいか、最初は一マスあけるとか、作文の書き方があまり身に付いていないようです。高学年になったらもう少し作文に力を入れるようになるのでしょうか。

 

低学年のうちから作文や感想文の書き方をしっかり学ばせるようにしてほしかったな、と思っています。そのためにも、夏休みの読書感想文は必要だと思うのです。