派遣看護師という働き方について

看護師といえば、病院で働くイメージが強いのではないでしょうか。その他にも様々な働き口があり、看護師が足りないと言われている時代なのでどこも欲しい人材となっています。今回は、派遣看護師についてお話します。派遣看護師とはどんな仕事をするのでしょうか。具体的に正社員の看護師と何が違うのかを比較していきたいと思います。(ここでは、病院に就職した正社員看護師を例にあげて説明していきます)

 

正社員の看護師vs派遣看護師

雇用者  病院vs派遣会社
雇用契約  採用された時のみ vs 派遣業者が契約した就労場所の労働条件を看護師が承諾して初めて雇用契約が結ばれる
労働時間 病院の就業規則に順ずるvs 派遣案件により毎回異なる
給料 病院の就業規則に順ずるvs   派遣案件により毎回異なる
労働期間 無期限 vs派遣案件により毎回異なる
勤務場所 変わらない vs派遣案件により毎回異なる
給料の支払い方法 病院から直接受け取る vs 報酬のうち、一部が派遣会社、一部が派遣看護師に支払われる

 

派遣看護師は、正社員の看護師と比較すると労働時間が決まっているためその時間内に終わるように仕事を組まれることが多く、簡単な看護業務や補助などになります。また、勤務日数も正社員の看護師に比べて少ないことがあります。
子供がいるため時間を有効的に効率よく働きたいため、派遣看護師を選択する人も多いです。普通にパートで働くよりも派遣看護師の方が給料がいいということも少なくはありません。
派遣の仕事を探すには、派遣会社または看護師求人情報サービスを併用して利用する事が多いです。派遣会社は全国に設置されていますが、登録地域が限定されている事が多く他県の派遣の求人を取り扱っていない事が多いです。看護師求人サービスは、全国を取り扱っており、常勤・パート・派遣など様々な求人が用意されています。また担当者がいるので自分の希望とする内容を紹介してもらうことが出来ます。
派遣看護師の一番の特徴は、労働条件を毎回選択する事ができることです。選択することで様々な職場に派遣されるため、経験が積み重なり病棟看護師では学ぶことのできない経験を体験することができます。派遣看護師の勤務場所としては、健康診断業務、保育園の看護師業務、修学旅行の付き添い看護師、入浴介助などの募集があります。派遣ならではの仕事内容があるので、キャリアを積みたい人には、派遣看護師は魅力的な仕事だと思います。
また、働く場所が常に変わるため、一つの職場に縛られることがないため新鮮な気持ちで働くことが出来ますが、職場が毎回変わるため業務内容も毎回変わるのがメリットであり、デメリットでもあるのです。労働期間も決まっているので、派遣看護師として長く働こうと考えているならば、今働いている労働期間を把握し次の労働先を決めないといけません。メリットだけでなく、デメリットも把握したうえで、自分の生活スタイルに合った働き方の選択が必要になってきます。このように正社員やバイトの看護師と派遣看護師は大きな違いがあるというわけです。

 

コストコの巨大プリン

昨日、息子の車でまた金沢のコストコに買い出しに行きました。

 

トイレットペーパーと入浴剤が切れていたので、まずそれをゲット。トイレットペーパーは24ロールで1500円台のものがあり、1つのロールが170メートルもあるというので、長持ちしそうでいいです。入浴剤はバブの72個入りを買いました。

 

他に、いつも買っているディナーロール36個入りや、麦茶のペットボトル24個入りの箱、そして巨大パンプキンプリンを買いました。巨大サイズで1100円ぐらいです。食べきれるかどうか心配でしたが、おいしそうなのでゲット。

 

更に、ハーゲンダッツアイスクリームの大きなカップ4個を2000円で買いました。これで甘いものにはしばらく困らなそうです。夏なのでアイスクリームが食べたくなりますから、ちょうど良かったです。

 

あとは、巨大ポテトチップスとチーズせんべいの大きい袋も買いました。車でないととても運べない量の買い物です。

 

うちに持って帰って、いろいろなものを冷蔵庫にしまいましたが、大きい冷蔵庫がいっぱいになってしまいました。巨大パンプキンプリンも冷蔵庫に入れてありますが、昨日からがんばって食べて、ようやく半分近くなくなったところです。賞味期限内に何とか食べきらなければ。

更新履歴